スポンサーサイト

-------- (--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水辺で遊ぶとは。

2012-02-16 (木) マリーナ日記
先日 二時間ですが 

久しぶりに しんたろうと 近所の川に釣りに行っていました。

2012021204.jpg





川と言っても 両岸護岸されていますので

水路と言った方が正かもしれません。


高知の田舎でも 住宅街を流れる川は

どこもこのような水路としたもんで

川原にめぐり合え、水辺まで降りて遊べた事は

遠い昔の事ですね。




ここ土佐町でさえ、川原に降りるには一苦労で

遊んでいる子供を見る事は ほとんどありません。





しかし

マリーナで仕事をしていると シーズン中の日曜日には 

地元の子供や親子連れが さめうら湖のスロープで 

釣り竿を持って 遊んでいる事に

い声や 喜びのび声で 気付かされます。





通勤途中 

この地域で見かける釣り竿を持った自転車少年たちも

ほとんどルアーぶら下げていますね。


この地域の同年代のお父さん方と話しをしても

共通の話題になる事が多いですね。






先日の近所の川で出会った二人組みの小学生も 

しんたろうの知り合い(フィールドで知り合った?)でしたが

やはり ロッド二本に ルアーをぶら下げていました。 









数多くの統計を持っている訳ではありませんが

初めて子供が自分の力だけで釣りあげる魚の多くは 

ブラックバスで

身近の川で遊んでいる子供の多くが 

その少年バサーたちだというのが

現実ではないでしょうか。







さめうら湖で開催されるイベント

ちびっこ5(ファイブ)は 本当にいいイベントだと思います。

2012021605.jpg


こんなにも本能的にどん欲で 真剣な子供の姿、

そして その本当に生き生きとした子供の笑顔は

スタッフである私たちさえも幸せにしてくれる程です。










小学生の時は 

初バスは春先まで釣り上げる事ができなかった

しんたろうですが 中学生になった今年は 

すでに数匹目。



この日も 旬のシャッドを レイダウンに上手にからませ

目の前で キロアップをゲット。

よっっっしゃぁぁぁ~」 

叫びながらのランディング。

2012021202.jpg



敬意を込めて丁寧にサイズをはかります。
(手が震えるきィ~)

2012021203.jpg

感謝を込めてリリース。









ここで何を主張したいという事ではなく


久しぶりに しんたろうと過ごした時間でしたが

この間の しんたろうの弁論文の中の言葉

僕の好きなブラックバスは

残念なことに特定外来生物です。

ブラックバスに

いくら在来種を食べんとってと言っても

ブラックバスは聞いてくれません。



というフレーズを思い出し


何となく どうしようもない 

悲しさと寂しさを感じながら

「どうにかならんもんやおか・・・・」 

と改めて考えてしまった事でした。

おわり。




=セラピーレイク・Love Sameura= 

みんなに 愛される ”さめうら”を 実現していきます。

記事を検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
TKブログを購読
アドレスを読み取り!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。