FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- (--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知新聞掲載

2010-01-31 (日) ラブさめ日記
高知県では 絶対的な威力を持つ媒体

「高知新聞」

この新聞に掲載されると

いい意味でも悪い意味でも

高知県中の人が知ることになるので

取材対応には

特に細心の注意が必要になってきます。



そんな 高知新聞では

週に一回掲載される市町村のローカルページがあり

1/29は土佐町の順番でした。


そのメイントピックスに

ラブさめ協議会の活動が取り上げられました。

(この一年間で三度目ですね)



ご覧いただいた方も多かったとは思いますが

紙面一面の大きなカラーでの採用でした。

20100131011.jpg




 

音信不通?だった友達からも

「エール」を頂くほど

この記事の反響は大きく

早明浦ダム湖面利用者協議会の取り組みを

多くの人に紹介できる一つのキッカケになったとは思います。

2010013102.jpg

20100131010.jpg



しかし 私としては

「ブラックバス釣りの素晴らしさ」

「ラブさめ協議会メンバーの素晴らしさ」


メインに掲載して頂きたかったのですが

ブラックバスの記事は

紙面1ページを埋める特集の中のわずか1文でした。

2010013103.jpg




これが 現実なのです。


私は この19年間 ブラックバス釣りを愛し

100を超えるイベントを開催し 

また 自分なりに地元貢献を掲げてきました。


でも 釣り業界の媒体以外に取り上げられたのは

10本の指に収まります。


この様に

私達が愛してるバスフィッシングは

世間で嫌われている外来魚釣りなのです。

この現実から目を反らすことなく

しっかりと受け止め そして自覚することが

まずは 必要だと思います。



その自覚なしに イベント開催、地元貢献などと

言っても 地域の人には

受け入れて頂けないと 実感しております。





そして さらに 痛感しているのは

フィールドが 「ダム」だという事です。




先日の大川村役場のカズアキくんの

結婚式では 

2010013105.jpg


さめうら湖での 多くの

幸せな画像が流されていました。

2010013106.jpg

2010013109.jpg

2010013107.jpg

2010013108.jpg


おそらく 大川村の婚礼で

ダム湖での幸せな映像が使われたのは

初めてではないでしょうか。


若い世代では ダムに対してのイメージが

変わろうとしているのを実感しました。





しかし

三次会の席で 村の大先輩方に 忠告して頂きました。

「辻村君! わしらは おまんの やりゆう事は 応援するけんど
わしらが ダムに対して持っちゅう(辛かった)思いは 忘れんとってくれよ!」




非常に重い忠告でした。 そして 私は こう答えました。


「すみません、当事者ではないので 
正直 そのお気持ちは分かりませんが 
今後は一層の敬意を払って
精一杯 遊ばせて頂き、そして できる限りの 
幸せを生み出していきたいと思っております」


と言って 杯を酌み交わさせて頂きました。






「外来魚」・「ダム」 この二つの大きな課題から

今後も開放されることは無いと思われます。


しかし 私は その二つの課題に

真っ向から挑み 

そして 

「バスフィッシングの素晴らしさと必要性」を 

世間の皆様に少しでも理解して

頂けるよう 今後もプロジェクトを創造し

遂行していきたいと思っております。




その為には 皆さんの ご協力が

絶対条件となりますので  

宜しくお願い致します。


m(__)m m(__)m m(__)m





Love Sameura  

みんなに 愛される ”さめうら”を 実現していきます。
記事を検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
TKブログを購読
アドレスを読み取り!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。