FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- (--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシングショウ大阪2010

2010-02-09 (火) ラブさめ日記
チャプターさめうら役員の

見聞と結束力を養う為の

一泊二日の研修でした。


初日は 生野銀山湖と

2010020802.jpg


東条湖

2010020801.jpg

2010020809.jpg


同じリザーバーなので

さめうら湖の対象として比較しやすく

役員から いろんな意見が出され

さめうら湖の「良さ」「悪さ」が 再確認でき

今後の課題を実感し 方向性を再認識しました。


宿泊は 地元の施設を利用し

早明浦荘との比較や

フィールド近郊の宿泊施設としての

必要条件などを話し合いました。




翌日は

チャプターさめうらのメインコンセプトの一つ

「おもてなしの心」を磨くために

フィッシングショウ大阪2010に行ってました。


魚釣りが好きな人はもちろん、

あんまり 好きでない人、

まだ ハマってない人たちを

どうやって もてなしているのかを

この釣り業界最大のイベントで見学です。


年々 女性や子供を楽しませるイベントに

力が入ってますね。
 
2010020803.jpg

BASS FISHING の文字が

あったのが嬉しかったです。

2010020807.jpg




各メーカーのブースでも

新商品の展示とおもてなしに 

かなりの工夫と努力と投資を感じました。






今後の釣具業界全体に

必要な方向性を示していると感じたブースも見学しました。



(社)日本釣用品工業会

2010020806.jpg

(財)日本釣振興会

2010020805.jpg


石川県観光協会や一庫ダム、JGFA 海上保安庁のブースも良かったですね。


しかし それらのブースの人気は・・・でした。



他業界の企業は 

地球温暖化対策、協働の森、カーボンオフセット、リサイクル、

などなど 「環境問題に取り組んでます」という事を

前面に押し出しているのに


釣具業界の企業は 

「ECO」「フィールドの保全」に関して 

あまり アピールしないんだなぁ(涙) と

感じたのは 私だけでしょうか?



財団、社団法人でもある

日本釣振興会や日本釣用品工業会さんなどが

リードして まず(影響力のある)メーカーさんに、

そして 販売店、 釣り人へと

その必要性と意識が

浸透していけばいいのになあ思いました。
 

そういった意味でも

(社)日本釣用品工業会

このマークには期待しております。

20100208.jpg



このマークの趣旨である

釣りレジャーの地位向上のため、社会と共生できる釣りを目指し、環境に配慮した釣用品づくりをはじめとして、国民生活を豊かにする釣りの創造に積極的に取組んできております。



事業者である企業とそれを実際に使用する購買者との密接な連携の中で、釣り場環境整備および保護・保全、延いては、地球環境の保護・保全に向けて努力いたします。

は素晴らしいと思います。


チャプターさめうら は
201001011.jpg



上記にプラスして

「地域との連携、協調」・「おもてなしの心」
を大切にしてきたいと

帰りの車中で 役員全員で確認しあい

今回の研修の〆としました。



PS; 

多忙な中 自身のスポンサー様を紹介していただいた 

ノリーズ石川プロ、イマカツ本堂プロ有難う御座いました。

20100208010.jpg 20100208011.jpg





Love Sameura  

みんなに 愛される ”さめうら”を 実現していきます。
記事を検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
TKブログを購読
アドレスを読み取り!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。